ウシコスポスト*楽しく英語育児!

楽しく英語育児を進めるための「無料学習用アイテム」の配布やDWEの経過報告をしています。

【0歳 1歳 2歳向け】子どもと楽しむおすすめの英語絵本♪

* スポンサーリンク

赤ちゃんの絵本デビュー。

まだまだなんでも口にいれてしまったり、集中できなかったり。

「いつから・どんなものを読ませればいいの?」とお悩みの方も多いのではないでしょうか。

そこで、今回は赤ちゃんから楽しめる小さな子ども(0~2歳)向けの英語の絵本を紹介します。かわいい絵本ばかりなので、プレゼントにもおすすめですよ♪

 

赤ちゃんから楽しむ英語絵本の選び方のコツ

子どもの興味はどんどんと移り変わっていきます。

その時の子どもの興味のあるものを題材にした絵本を選ぶのが一番です♪

さらに我が家では、次の3点を重視して子どもの絵本を選んでいます。

・イラストメインでインパクトのあるもの

・仕掛け絵本(A LIFT-THE-FLAP BOOK)

・厚手のもの

まず1つ目の「イラストメインでインパクトのあるもの」についてですが、

この時期の子どもは、ストーリーを理解したり細かい絵を捉える時期ではありません。

文字が少なく、絵を見れば内容が理解できる単純なものがおすすめです。

 

 

また「仕掛け絵本」は引っ張ったりめくったりと、子どもが手を使って楽しめます。飽きずに楽しめるのでおすすめですよ♪

f:id:ushikospost:20181225225816j:plain

読み聞かせの最中に、絵がぱっと切り替わったり、何か違うものがでてきたり、という変化が楽しいようで、うちの娘は興味津々で触りながら見ていました。

 

そして最後、「厚手のもの」

0歳~1歳前半、まだまだなんでも口に入れる時期ですよね。

薄い紙の絵本だと食べてしまう危険性があります。

また、厚手の絵本は破れる心配が少なく、子どもの好奇心を邪魔することなく好きに触らせてあげられる点でも安心です。

小さな子ども(0~2歳)におすすめの英語絵本

それでは0歳~2歳の子どもにおすすめの絵本を紹介します!

今回は特に、子どもたちにとって親しみやすいテーマの絵本を選びました。どれも我が家の娘が大好きな絵本です。

それでは、

「動物(Animals)」「食べ物(Food)」

「身体の部位(Body parts)」「家族・日常(Family/Dailylife)」

の4つのカテゴリにわけて紹介します♪

「動物(Animals)」のおすすめ英語絵本

Peekaboo Kisses / Barney Saltzberg

顔を隠した動物たちが次々に「Peek-a-boo(いないいないばあ!)」
 ビビッドな色使いがかわいいです。
その動物たちの肌感を触って楽しめたり音が鳴ったりと赤ちゃんが喜ぶ仕掛けがたくさん閉じ込められています。

>> Peekaboo Kisses をAmazonでみてみる

Brown Bear Brown Bear What do you see? / Eric Carle

茶色いクマ、赤い鳥、青い馬…など、さまざまな動物がでてきます。
色と動物の名前が一緒に覚えられるのが嬉しい!
"What do you see?"(何みてるの?)というフレーズのところで額に手をあててみたり、指を丸めて眼鏡のようにする仕草をすると楽しいです♪

>> Brown Bear, Brown Bear, What Do You See?をAmazonでみてみる

>> Brown Bear, Brown Bear, What Do You See?を楽天でみてみる

Does a Kangaroo have a mother too? / Eric Carle

"Does a 〇〇 have a mother too?(〇〇にもお母さんがいるの?)"

とさまざまな動物に問いかけをしていきます。カンガルーやキツネ、イルカなど、他のエリックの絵本には出てこない動物もたくさん♪

リズミカルな文章で楽しく、親子の絆が確認できる心温まる一冊です。

>> Does a Kangaroo Have a Mother, Too?をAmazonでみてみる

「食べ物(Food)」のおすすめ英語絵本

The Very Hungry Caterpillar / Eric Carle

 おなじみの「はらぺこあおむし」の英語版です。もぐもぐ食べるあおむし(Caterpillar)の真似をしているうちに、曜日・果物の名前・1~5までの数も覚えられる良書です♪

>>The Very Hungry Caterpillarを楽天でみてみる

>> The Very Hungry CaterpillarをAmazonでみてみる

Yummy Yucky! / Leslie Patricelli

 スパゲッティーは"Yummy!"、ミミズは…"Yucky!"

登場する赤ちゃんの表情豊かでかわいらしく、感覚的にYummy!(おいしい)Yucky!(まずい)が覚えられる楽しい一冊です。

これを読んだあとはご飯のときにYummy!といえるかも♪

>>Yummy Yuckyを楽天でみてみる

Maisy Makes Lemonade / Lucy Cousins

大人気のMaisy(メイシーちゃん)シリーズ。

ゾウさんと一緒にレモネードを作ります♪かわいいイラストとリズミカルな文章がクセになります♪

Maisyちゃんシリーズはどの絵本をとっても外れなしでとってもかわいいので、ぜひみてみてくださいね☆

>> Maisy Makes LemonadeをAmazonでみてみる

>> Maisy Makes Lemonadeを楽天でみてみる

「身体の部位(Body parts)」のおすすめ英語絵本

Where is Baby's Belly Button? / Karen Katz

「赤ちゃんの目はどこ?」「口はどこ?」の問いに対し、ページをめくると隠れている身体のパーツが出てくるしかけ絵本です。

我が家では絵本を読みながら、"Where is your Belly Button?"と声をかけておへそを触ってあげています♪スキンシップに繋がってとっても良いですよ。

>> Where is Baby's Belly Button?を楽天でみてみる

>> Where Is Baby's Belly Button?をAmazonでみてみる

From Head to Toe / Eric Carle

"I'm a penguin and turn my head, can you do it?"

(私はペンギン。頭を左右にまわせるよ。できる?)

というようにさまざまな動物たちがいろいろな動作をしてくれます。

真似っこしながら動物の名前と身体の部位が覚えられる、楽しい絵本です♪

>> From Head to ToeをAmazonでみてみる

>> From Head to Toeを楽天でみてみる

「家族(Family)」「日常(Dailylife)」のおすすめ英語絵本

 Excuse me! / Karen Katz

"You burped!"(げっぷでちゃったね!)
"What do you say...?"(なんていうの…?)
というように、さまざまなシチュエーションとそれに対応して言うべき言葉が見開き1ページになっていています。
「妹のおもちゃを壊しちゃったとき」や「ほしいものがあるとき」など、具体的なシチュエーションに紐づいているので理解しやすく、しつけ絵本としても最適です。

Good night Moon / Margaret Wise Brown

"Good night(おやすみ)"といろいろなものに声をかけていく絵本です。

イラストもシンプルで落ち着いた色合いなのでおやすみ前の一冊にぴったりです。

>> Goodnight MoonをAmazonでみてみる

>> Goodnight Moonを楽天でみてみる

A is for Apple / Georgie Birkett

さわやかな色使いとかわいいイラストでアルファベットを学べる絵本です。

"A is for Apple, and ant" というように、各アルファベットにつき2つの単語とイラストが描かれていて、小窓をめくると単語とかわいいイラストが出てきます。

 赤ちゃんのみでなく、文字を意識し始めたもう少し大きめのお子さんにもおすすめです

>> A Is for AppleをAmazonでみてみる

親子での英語時間を楽しもう!

本を読み聞かせる時には、

"Turn the page."(ページめくるよ)

"What's this?"(これは何?)

などと簡単な語り掛けもしながら読むのがおすすめです♪

 

他にも、

・朗読もしくは絵本の内容に沿った歌を聴かせる

・youtube等動画サイトでネイティブスピーカーの読み聞かせ動画を活用する

 という方法もありかと思います。

 

パパママが苦痛になってしまうようでは本末転倒。

無理なく継続できる方法で、親子の絵本タイムを楽しみたいですね♪

おわりに

今回紹介させていただいた本はどれも絵を見れば内容がわかるようなものばかりなので、パパママが英語に自信がなくても大丈夫!子どもと一緒に楽しみましょう♪

ぜひお気に入りの一冊を見つけてみてくださいね。