ウシコスポスト

おうち英語と子育てともろもろ。楽しく英語育児を進めるための「語り掛けフレーズ」や「無料学習用アイテム」配布中!

「小学校英語指導者資格(J-shine)」取得まとめ!費用・期間はどのくらい?

* スポンサーリンク

 「小学校英語指導者認定資格」という資格を聞いたことがあるでしょうか?

2011年から全国の公立小学校(5・6年生)で「外国語活動」が必修科目となりました。

2020年からは「外国語」が正式な教科となる予定ですね。

この「小学校英語指導者認定資格(J-shine)」は小学校英語指導に必要なスキルやノウハウを得たいと考えている方におすすめの資格です。今回は資格の概要や取得までの流れ、費用などの情報をシェアします。

児童英語教育に興味がある方、この資格受けようかな?と考えている方の参考になれば幸いです。

「小学校英語指導者資格」とは? 

「小学校英語指導者資格」は、小学校の外国語活動や幼児向けの英語教室における活動を行う指導者向けに、J-SHINEという非営利団体によって行われる認定資格です。

小学校英語指導者認定協議会 (略称:J-SHINE) は日本における「小学校での英語教育の普及・発展を支援する」 という趣旨のもと、2003 年 2 月に内閣府へ「特定非営利活動法人」としての申請を行い、民間主導で設立された 英語教育指導者の資格認定を行う NPO です。 (参考:「J-SHINE-NPO法人 小学校英語指導者資格認定協議会 http://www.j-shine.org/

 

あくまで、一定の基準に基づいた認定を行っているもので、教員免許とは異なります。

これがあるから「英語の先生になれる!」とか「教室開ける!」とか、そういう類のものではありません。

「小学校英語指導者資格」を取得した理由 

一番の理由はもともと「英語が好き」だったから。月並みですがこれに尽きます。

ただ、子どもに対して教えることに対して「自分には無理だろうなぁ」と思ってました。身近に小さな子どもがいなかったし、子どもとのかかわり方に自信がなかったからです。

小さな子ども相手に、文法がどうこう…なんてアプローチが通用するわけないし、そんな退屈な授業だったら1日でこなくなりますよね。

いかに子どもたちを”自然に”英語の世界へ導き、興味の芽をできる限り長く継続させられるか。そのためにはとにかく楽しませられるクラスを展開しなければなりません。

 英語の知識や発音の良さはもちろんのこと、幼児期にあった教え方をするにはとても専門的なスキルが要るなと感じていました。

 私は、バリバリ英才教育をするつもりはないけれど、子どもが海外や外国語に興味をもったときに抵抗なく学べる英語の土壌を、幼児期に作ってあげたいと常々考えていたので、この資格はとても魅力的でした。

取得する過程で、自分の娘のためにもなる学びがあるだろうと考えて取得に踏み切りました。

「小学校英語指導者資格」取得のフロー

この資格を取得するためには、「J-shine」が定める「登録団体」からの推薦を受ける必要があります。

その推薦を受けてはじめて、J-shine側の審査が受けられ、資格が取得できる、という流れになります。

 私の場合は選択した登録団体はALC(アルク)でした。

 ざっくりとこのような流れになります。

 

(1) 「小学校英語指導者資格認定 アルク児童英語教師養成コース」を受講(確認テストやレッスンプランの提出)

  ↓

(2) 修了次第、申請に必須とされている「資格取得研修講座」に参加(2日間の研修) or 同様のDVD講座を受講

  ↓

(3) 必要書類をJ-shineに送付

  ↓

(4) J-shineから資格証明書を受領(無事資格取得完了!)

 

私は、妊娠中だったので通信教育を選びましたが、いわゆる大手英会話教室(AEON等)でも、養成コースが開講されているので、選択肢は多様にあります。

2~4の流れは、どの登録団体で受講をしていても同じかと思います。

 

実際いくらかかるの?取得までにかかった費用

 

これは、どの登録団体の講座を受講するかによって変わります。

ALCで受講した私の場合は合計で140,000円ほどかかりました。

【内訳】

・通信講座 84,200円(税抜)

・資格取得研修講座(DVD講座)47,000円(税抜)

 

その他もろもろ、申請書類送付の際の送料・申請書類用の写真代等もかかってきます。

決して安くないです。払ったからにはぜひ頑張って取得しましょう...!!

他にも通信や英会話教室での講座がありますが、おそらく、ALCの通信教育で取得するのが一番安くすむかと思います。

ちなみに資格取得したのちにも、4年ごとに更新手数料(5,000円)がかかります

 

 「小学校英語指導者資格」取得までの期間 

私の場合は、申し込みから資格取得までおよそ1年かかりました。

アルクの「小学校英語指導者資格認定 アルク児童英語教師養成コース」の期間は標準で6か月の設定。

 

ですが、私はなかなかアクセルがかからず、産前産後2~3か月はほぼ手付かずだったので、かなり時間がかかってしまいました^^;

・テキストの内容(児童心理などあります)や、簡単なクラスルームイングリッシュを問う確認テスト×6、

・実際の授業展開を落とし込んだレッスンプラン×2

が主なタスクです。

 

計画的に進められる方でしたら6か月で十分達成できると思います。

 

ちなみにアルクの養成コースは期間6か月設定ですが、1度だけ延長が可能です。

延長することを前提にすると最大1年の期間を持つことができますが、レッスンプランは提出から採点までに時間がかかりますし、万一レッスンプランが合格基準に達しないと再提出になりますので、そのあたりを鑑みて余裕を持って進めるに越したことはありません。。

 

最後に

今回は「小学校英語指導者資格」取得についてご紹介しました。

英語教育、とくに幼児教育に関心のある方は、レッスンプランの作成プロセスなど、普段の英語学習とは違った形で学べるので、楽しめると思います!

 

\ レッスンプランについてはこちらにまとめました/

www.ushiko.net