ウシコスポスト

おうち英語と子育てともろもろ。楽しく英語育児を進めるための「語り掛けフレーズ」や「無料学習用アイテム」配布中!

「お宮参り」いつ誰と?実施時期や服装、当日までの準備など

* スポンサーリンク

赤ちゃんが産まれてわたわた、ばたばた、寝不足…。

そんな毎日を送っているママパパ、毎日本当におつかれさまです。

ところで「お宮参り」の準備できてますか?おそらく生後はじめての節目のイベントですよね。

今回はこのお宮参りについてまとめてみたいと思います。

「まだ準備してない」「ていうかそんな余裕ない。」「絶対やらなきゃだめ?」と迷っているみなさん、慌てなくても大丈夫です。

お宮参りの基本的な考え方と準備の進め方、当日の様子などシェアします☆これから準備される方の参考になったら嬉しいです。

そもそも「お宮参り」とは?いつ行くの? 

・お宮参り=「赤ちゃんが生後初めて土地の守り神様である産土神様に参拝する行事」

・一般的に男の子は生後30日、女の子は生後33日を目途に訪れる

ものといわれています。

ですが、あくまでイベントごと。赤ちゃんやパパママの体調を考慮して日にちを設定して大丈夫です。

我が家の場合だと娘は7月生まれ、一般的といわれる33日後に訪れようとすると8月の上旬となります。

ただでさえ、生後すぐは体温調節機能もままならず、外出もほとんどしていない時期。まして神社となれば日光にさらされる時間は長く、御祈祷中も暑い思いをすることになります。

そのため、我が家は1か月時期をずらして、多少過ごしやすくなる9月下旬に設定しました。

赤ちゃんの心配はもちろんのこと、大人もそれなりの恰好で行くとなると暑いですからね。無理は禁物。

ただ、お日柄はみてなるべく気持ちよく当日が迎えられるよう「大安」の土曜日に設定しました。

 

「お宮参り」誰が行く?

我が家の場合は「母方の両親と私たち夫婦、娘」の5人で行きました。

主人の両親を呼ばなかったので実家が遠方だからです。とはいえ、あとから「呼ばれてない!」と言われても困るので「〇月〇日にお宮参り行く予定です~」と事前に連絡はしました。

各家庭の状況を見て判断で問題ないと思います。生後はじめてのイベントなので、家族(赤ちゃんと両親)だけで行う!と方たちも多いです。

「お宮参り」の服装はどうする?

我が家のお宮参りスタイルは下記のとおりです。

 

娘(主役!):白のベビードレス・産着(祝着)

私:フォーマル風パンツ+ジャケット

主人(父親):黒スーツ

私の母(祖母):黒スーツ

私の父(祖父):着物

 

私(母親)の服装に関しては迷いました。

正装=「着物」のイメージですが、母乳育児の場合はこの時期まだまだ頻回授乳なので難しいですよね。私も一日10~13回とか授乳してたので、無理でした。

お宮参りを行った神社が急な坂があったので動きやすいパンツスタイルにしました。授乳口のあるフォーマルなワンピース等もおすすめです。

私たちの地域では、お宮参りの際「母方の祖母が赤ちゃんを抱っこする」のが通例とのことで、基本的にお宮参りの間は私の母が娘を抱っこし、その上から産着を掛けていました。

下には白いベビードレスですが、産着を着るとほとんど見えないので、どんなものを着せてもさほど違和感はないかと思います!

 

結果母である私が一番質素というか、カジュアルな服装でしたね(笑)

でもこの頃って寝不足で心身ともにズタボロですし、無理ない範囲で服装を選んで問題ないと思いますよ。写真見てもそんなに違和感ないです!

 

「お宮参り」初穂料はいくらかかる?

5000円~10,000円が相場のようですが、神社によってまちまちです。

大きな神社でしたら、ホームページに掲載がある場合もありますのでチェックしてみましょう。なければ、神社へお宮参りの電話予約をする際に「どの程度おつつみすればよろしいでしょうか..?」と聞いてみると良いと思います。

私もうかがったところ「〇〇円以上お気持ちでいただいています。」と相場を教えてくださいました。聞くのは失礼にあたらないので、迷うようであれば予約の際に聞いてみましょう

「お宮参り」の写真、どう残す?スタジオ撮影や出張カメラマン等

我が子のかわいい姿を残せる貴重な機会なので記念に写真を残したいですよね。

我が家はというと、スタジオ撮影は行わず、当日出張カメラマンをお願いしました

理由は大きく下記の2つです。

(1) 当日の雰囲気が伝わるナチュラルな写真が残したいと思ったから。

(2) スタジオ撮影にしたら提案されるがままに課金してしまいそうで怖かった。

 

出張カメラマンをお願いするのは初めてでした。

▼そのときに利用したサイトがこちら▼

【fotowa(フォトワ)公式ページ】https://fotowa.com/

 

たくさんのフォトグラファーの方が登録されているサイトです。

金額は基本的に固定なので、安心して頼めます。

「場所」と「日にち」で絞り込むと、その日出張可能な方の一覧がでてきます。

撮影の料金等もその方によって異なりますので、いろいろな情報を見ながら、来てほしい方に撮影依頼を行うことが可能です。

 

私たちは気さくそうな女性フォトグラファーの方にお願いしました。

当日は神社に直接きてくださって、御祈祷中の写真と、神社敷地内でのロケーションフォト、100枚以上の写真を撮影していただきました。

追加料金なしでデータを全ていただけましたし、要望も聞いていただけて大満足。

もし同じように、当日の様子の写真を沢山残したい方にはとってもおすすめです。

※御祈祷中の撮影は神社によってはお断りされるケースもあるようなので<予約の際に事前確認されることをオススメします!

おわりに

今回は私たちの「お宮参り」についてシェアしました。

いろいろとしきたりもあるかと思いますが、まだ家族みんなが育児に慣れず寝れない日々が続く中での行事。

赤ちゃんにとってもパパママにとっても無理ないスケジュールで行えば良いと思います。あくまでイベントですから!家族みんなの素敵な思い出に残る「お宮参り」にしましょう♪