ウシコスポスト

おうち英語と子育てともろもろ。楽しく英語育児を進めるための「語り掛けフレーズ」や「無料学習用アイテム」配布中!

歯磨きいつからどうやって?歯磨き嫌いな子どもにおすすめの対処法とグッズを紹介します。

* スポンサーリンク

赤ちゃんの歯が生え始めると「歯磨き」、気になってきますよね。

かわいい我が子には、なるべく虫歯を作らず過ごさせてあげたい…と思います。

ですが、そんな親の想いは露知らずうちの娘はとにかく歯磨きが嫌い。

まだ苦戦中ですが、少しずつましになってきたので、今回は我が子の歯磨きについて書きたいと思います。

・歯磨きをいつ、どうやって始めるべきかわからない

・歯磨きをしようとすると暴れる…!

・とにかく口を開けない…!!

とお悩みの方、何かヒントがみつかるかもしれないのでぜひご覧ください♪

赤ちゃんの歯磨きの開始時期と方法

個人差がありますが、生後6か月を過ぎた頃から少しずつ歯が生え始める子が多いですよね。

地域の保健師さんによれば、

・歯が生え始めたら、はじめはガーゼでふき取る程度でOK

・上下3~4本ずつ生えてきたら、子ども用歯ブラシで磨く習慣をつけるとよい。

とのことでした。

なるべく低月齢のうちから、歯ブラシなどを口に入れることに抵抗がなくなるように慣らしておくと良いとのこと。

うちの娘は6か月頃に下の歯が2本が生えてきたため、その頃から毎日就寝前にガーゼで歯をふくようにしました。

子どもの歯磨きの理想と現実…。想像以上に難しい。

歯磨きの方法についても保健師さんからアドバイスをもらう機会がありました。

・月齢と歯の生え方にあわせたアイテムを使って磨く

・子どもを仰向けで寝かせてニコニコしながら楽しく磨く

・むりやり押さえつけずに優しく磨く

・歯の裏に汚れがたまりやすいのでしっかり磨く

どれも納得です。 

 

我が家では、歯の生え方にあわせて次のように使用するアイテムを変えていきました。(0歳6か月~)下の歯の生え始め:ガーゼで歯の汚れをふき取る

(0歳9ヶ月~)上下2本生えた頃:指サックのような柔らかい歯磨きで磨く。

(1歳~)6本程度生えた頃:赤ちゃん用のやわらかい歯ブラシを使用。状況によってガーゼや指サック型ブラシも併用。

 

歯が生え始めの頃はあまり抵抗がなかったのですが、1歳頃になると意志がしっかりしてきたこともあり、歯磨きをあからさまに嫌がるようになりました

それまで楽しく遊んでいても、歯を磨こうとブラシを口に入れようとすると真顔になって口をつぐむ

無理やりやってもかわいそうだから歯ブラシをもたせて自分で磨かせてみようとしても一瞬で捨てる

鬼ごっこ風に捕まえて寝かせても、口に手を近づけるだけで怒る

それまでも、痛くないように気を使っていましたし特段トラウマになるような経験は思い当たりません。

ですがとにかく歯を磨くなんてこの世の終わりだ…と言わんばかりに泣いて暴れる娘です。

 

歯磨き嫌いな娘に少しは効果があった方法はコレ!

歯磨き大嫌いベイビーな娘に悪戦苦闘する私…。

現在1歳2か月、まだ言葉で説得するのも難しく、いろんな商品や方法を試してきました。

少しは効果があった!と感じるいくつかの方法を紹介したいと思います。

1回でしっかり磨こうとしない。

長時間口をあけた状態をキープするのは子どもにとっては苦痛。

短時間で済ませるのは不可能!と割り切りましょう。

まずは下の歯だけを狙ってチャレンジ。なんとか口の中に歯ブラシを入れられたとしても(開けるまでが相当大変…)、長時間そのままにしたりせずに何度も挑戦…。

我が家の場合だと、就寝前に30分くらいかけて、機嫌を取りながら何回かにわけて挑戦するようにしています。

オーバーリアクションで極端に褒めてみる。

やはり、親が鬼の形相だと歯磨き自体を恐れるようになってしまいますね。

「楽しいよぉおお!!!」と力技で恐怖心を緩和させようという方法です。

歯ブラシを持ったら「わぁぁ!すごい!持てたね~!」と大げさに拍手をしながら褒める。

歯ブラシを口に持って行ったら「わぁぁ!じ~~~ょ~~~うず~~~!!天才ぃぃ!!」と褒める。

歯ブラシをガジガジ噛んだら「わぁぁ!!すっごぉ!!(以下略)」

このとき、声や言葉だけではなくて拍手をしたり、飛び跳ねたり、親が大きな動作をすることがポイントです。

「なんか楽しい…?」と錯覚するのか笑顔になって歯磨きを加えてくれることも。

そもそも歯ブラシを握らず「いやいや~!!(拒絶)」となってしまっては使えませんが我が家ではたまに効果を発揮してくれる方法です。

 

歯磨きをするタイミングを変えてみる。

現在1歳の娘は、

夜ごはん→お風呂→歯磨き→就寝

と、就寝の直前に歯磨きをするようにしています。

ですが、このタイミングに限らず、いろんなタイミングで歯ブラシを握らせるようにすると、うまくいくことがあります。

たとえば、おもちゃをくわえているときに、そっと歯ブラシにすり替えてみる。すると、歯ブラシでも抵抗なくガジガジかんだりしています。

もちろん就寝前にちゃんと磨いてほしい!という願いは切実。

ですが、その時間にとらわれず、歯ブラシが口の中に入っている状態に「慣れる」訓練としてはとても有効だと感じています。

 

甘い歯磨き粉を使ってみる。

我が家としては最終手段だったのですが…歯磨き粉に頼りました。

食べること・おいしいものが大好きな娘。歯磨き粉がおいしければ率先して歯磨きをするのではないかと考えました。

結果、口に歯ブラシが入るのを嫌がらなくなりました

使用したのはこちらの歯磨き粉です。

フッ素を使用せず、原材料も食品と同等レベルとのことでこの商品を使ってみることにしました。

赤ちゃん本舗や西松屋など、ベビー用品店にも赤ちゃん用の歯磨き粉はいくつか販売されていたのですが、フッ素や着色料が使用されているものが多かったんですよね…。

味はグレープ味。

いわゆる「歯磨き粉!」という感じの味ではなく、ほんのり甘いジャムのようでおいしいです。

お値段は1,680円(税抜き)、一般的な歯磨き粉と比較すると高い!ですが、子どもが安心して使える歯磨き粉なのでここは奮発しました(笑)

 

味の好みもあるでしょうし、反応には個人差があるとは思いますが、藁にもすがる思いで…とお悩みの方は一度手にとってみてはいかがでしょうか。

我が家はこの歯磨き粉のおかげで歯磨きタイムへのハードルがだいぶ下がったので愛用しています。

50gでこのお値段ですが、1回あたりにつかうのはごく少量なのでコスパは思ったよりわるくないです。

 

おわりに

今日は子どもの歯磨き嫌いの克服方法について、我が家の経験談をもとにシェアしました。

毎日、歯磨きがうまくいかずに悩んでるパパママ…本当におつかれさまです!!!少しでも役に立てる項目があれば幸いです。