ウシコスポスト*おうち英語を楽しもう!

楽しく英語育児を進めるための「無料学習用アイテム」の配布やDWEの経過報告をしています。

「小学校英語指導者資格(J shine)」アルクの通信講座で取得!口コミあり

スポンサーリンク

スポンサーリンク

こんにちは。うしこ(@ushikonbu)です。

当ブログをご覧いただきありがとうございます!

 

みなさんは小学校英語指導者認定資格という資格、知っていますか?

 

2011年から全国の公立小学校(5・6年生)で「外国語活動」が必修科目となりました。

 

2020年からは「外国語」が正式な教科となる予定。

「外国語」で成績がつくようになりますから、これまでの小学校教育、しいては義務教育を変える大きな動きです。

「小学校英語指導者認定資格(J-shine)」は小学校英語指導に必要なスキルノウハウを得たいと考えている方向けの資格です。

私自身は産休・育休中に小学校英語指導者養成講座(通信教育)を受講し、無事認定資格を取得することができました。

 

資格の概要や取得までの流れ、費用などの情報をシェアしたいと思います。

・英語関係の資格取得にチャンレンジしてみたい

・子どもに英語を教えたいけど何からしたらいいかわからない

・通信教育の内容・費用など口コミが知りたい

という方はぜひ、参考にしてみてください♪

 

\ アルクの通信講座がおすすめ /

公式HP ▶ 児童英語講師養成コース

 

 

「小学校英語指導者資格(j-shine)」とは? 

「小学校英語指導者資格」は、小学校の外国語活動や幼児向けの英語教室における活動を行う指導者向けに、J-SHINEという非営利団体によって行われる認定資格です。

小学校英語指導者認定協議会 (略称:J-SHINE) は日本における「小学校での英語教育の普及・発展を支援する」 という趣旨のもと、2003 年 2 月に内閣府へ「特定非営利活動法人」としての申請を行い、民間主導で設立された 英語教育指導者の資格認定を行う NPO です。 (参考:「J-SHINE-NPO法人 小学校英語指導者資格認定協議会 http://www.j-shine.org/

 

「指導者向け」ってことは素人は受けられないの?というとそうではありません。

むしろ、英語教育経験がない人が1から「子どもに英語を教える」マインドとノウハウを身に着けるための認定資格です。

ただし、あくまで一定の基準に基づいた認定を行っているもので、教員免許とは全く別もの

これがあるから「英語の先生になれる!」とか「教室開ける!」わけではありません。

子どもに英語を教えたいから「小学校英語指導者資格(J-shine)」を取得した

f:id:ushikospost:20190108222735j:plain

私が小学校英語指導者認定講座を受講した理由は大きく3つあります。

(1) 英語が好きだった

(2)「子ども」に英語を教えることに興味があった

(3) 英語で子育てをするのに役立ちそうだと思った

英語好き&幼児教育にも関心はあったのですが「自分には無理そう」と思ってました。子どもとのかかわり方に自信がなかったからです。

 

とはいえ、自分の仕事に直結しなくても、子どもが海外や外国語に興味をもったときに抵抗なく学べる英語の土壌を幼児期に作ってあげたいと常々考えていたので、この資格はとても魅力的でした。

 

そのため、自分の子育てにも役立つ学びがあるだろうと考えて育休中に取得に踏み切りました。

 

自分自身の英語の勉強にもなったし、

いかに子どもたちを”自然に”英語の世界へ導き、興味の芽をできる限り長く継続させられるかという視点で学べたのはとても面白かったです!

 

「小学校英語指導者資格(J-shine)」の取得方法は?

この資格を取得するためには、「J-shine」が定める「登録団体」からの推薦を受ける必要があります。

その推薦を受けてはじめて、J-shine側の審査が受けられ資格が取得できる、という流れになります。

基本的には、小学校英語指導者資格の通信講座や教室を行っている英会話教室や業者が推薦団体になります。

 

大きな流れとしては、

(1) 小学校英語指導者養成コースを受講

(2) 受講修了後、推薦団体経由でJ-shineに推薦

(3) 無事小学校英語指導者資格を取得!

ということになります。

推薦といっても、推薦団体が全ての手続きをしてくれるわけではありません。

実際には自分で書類を用意してJ-shine側に送る形にはなります。

その手続きはサポートしてもらえるので、心配する必要はありません。

いずれにしても小学校英語指導者養成コースを受講を修了する必要がありますから、この資格がほしい場合はまずはどこの講座を受講するか考える必要があります。

「小学校英語指導者資格(J-shine)」の養成コースがある教室は?

私のように成人してから「小学校英語指導者資格」を取りたい!と思った場合、大きく2つの方法があります。

(学生の場合は、大学の講座を通して受講することも可能です。)

養成コース受講の二つの選択肢

(1) 英会話教室

(2) 通信講座

それぞれの特徴を簡単に紹介しますね。

英会話教室の養成講座を受講

ひとつめの方法は英会話教室に通学することで受講する方法です。

たとえば全国展開している英会話のイーオンなどがあります。

通学のメリット

・同じ目標を持った仲間に出会える

・疑問点をすぐに解消できる

通学のデメリット

・決まった時間に通う必要がある

・通信講座と比べて授業料が高い

・スケジュール変更できない/追加料金がかかる可能性がある

この資格を取ろう!と決めたタイミングで実際に教室に伺って話を聞いてみました。

イーオンは小学校英語指導者資格の養成コース以外にも、ビジネス英語・日常英会話などさまざまなコースの授業を行っています。

基本的には1年程度をかけて授業で英会話スキルを養いながら、平行して小学校英語指導者資格の教材学習も進めていく、というスタイルが主流のようです。

受講時点での英語力によって受けられる授業もかわります。

大体相場は20万~40万程度のよう。

一度相談にいくと詳細な見積もりもだしてくれます。

気になる人は話を聞いてみるいいですよ♪

公式サイト ▶ 英会話教室・スクール AEON イーオン

イーオン以外の教室でも開講されています。登録団体はJ-shineのサイトから地域ごとに確認できます! 

通信教育の養成講座を受講

ふたつめの方法は通信教育を活用すること。

お仕事が忙しい人、子育て中など、まとまった時間が取れないには通信教育がおすすめ。

通信教育のメリット

・受講料が安い

・自分のペースで勉強がすすめられる

・教材が全て手元に残るので振り返りしやすい

通信教育のデメリット

・計画的に取り組まないと挫折してしまう

通信教育で受けられる講座をふたつご紹介します

 

Teyl Japanの通信講座

特徴

・受講期間は最短1ヶ月~

・受講料は86,000円

・英語力を向上させるための授業はない

Teyl Japanにはオンラインの授業のみで完結する「児童英語教師養成講座」があります。

授業は全60時間。自分のペースで進められるので、最短で1ヶ月で取得することも可能なのだとか!受講中は1人1人に専属のチューターがつくそうで、相談しやすいのがメリットですね。

授業は全60時間。教育理論・指導テクニックが主で、英語力アップのための授業はありません。

オンラインで完結するので、CDやDVDはもちろん、教材や紙の資料はありません。

効率的に資格取得ができるので、すでに英語での指導ができる方実務経験がある方には向いていますね!

公式サイト ▶ J-SHINE認定資格Teyl-JAPAN(ティール・ジャパン)

アルクの通信講座

特徴

・受講期間は6ヶ月~1年

・児童英語教師に必要な英語力も身につく

・副教材(フラッシュカード・絵本)が豊富

アルクの通信講座も人気です。

こちらは、自宅でDVDやCD視聴をしながら学習をすすめていきます。

必要な理論を学びながら、児童英語教室ならではの英語表現も一緒に学んでいくので、1から資格取得にチャレンジしたい!という方におすすめ。

子どもむけの絵本やフラッシュカードなどの付属教材も豊富にあります。実際に活用している教室映像を見ることもできるので、イメージを膨らませながら進めることが可能です。

アルクの「小学校英語指導者資格認定 アルク児童英語教師養成コース」の期間は標準で6か月の設定。しかし、「間に合わない!」という場合は1度だけ延長することが可能です(無料)

詳細はこちら>> アルク公式HP 「小学校英語指導者資格認定講座」

【口コミ】アルクの通信講座を受講!

比較した結果、アルクの小学校英語指導者資格認定講座を受けることにし、無事資格を取得することができました。

受けてみて感じるメリットや実際にかかった費用など、お伝えしていきますね。

\ アルクの通信講座がおすすめ /

公式HP ▶ アルクの児童英語講師養成コース

アルクの小学校英語指導者資格認定講座のよかった点

f:id:ushikospost:20181129233711j:plain

実際に受けてみてよかった点は大きく4つ。

よかった点

・児童英語ならではの英語が身につく

・フォニックスが学べる

・副教材・教室映像が充実している

・レッスンの構成力がつく

「児童英語ではの英語表現」が身につく

アルクの通信講座では、まずは子どもの発達や気持ちを理解するための前提知識を学びます。特に子どもの気持ちや集中力に関する知識は、子育てにも役に立ちそうだと感じました。

それに加えて、子どもたちに対する効果的な呼びかけ授業展開に使える英語表現をたくさん学ぶことができます。

「フォニックス」を学べる

みなさんは「フォニックス」という言葉を聞いたことがありますか?

 

日本語だったら、「あ」~「ん」の50音が読めれば、単語を読めますよね。

 一方で英語の場合はどうでしょうか?

「ABCソング」を歌うことができても「英単語を読めない」という人はたくさんいますよね。

そこで、各アルファベット文字に一つの"音"を対応させた読み方フォニックスです。

アルファベットの代表的な読み方を身に着けることで、英単語の多くを読むことができるようになります。

ネイティブの子どもたちも、フォニックス読みで、英語の「音」を学んでいくそうです。

アルクの通信講座ではこのフォニックスについても詳細に解説されています。

CDと合わせて音を確認しながら学べるので、力になりますよ。

 

\ 関連記事 /

>> フォニックスで英語発音がよくなる!基礎知識とおすすめ教材(大人・子ども向け)

 

副教材・教室映像が充実している

アルクの通信講座には副教材や参考映像のDVDなどもあります。

フラッシュカードや絵本など、授業に使える副教材と、それを使った授業の様子を見ることで「あぁ、こうやって使うんだな」とイメージを膨らませることが可能です。

 

実際にレッスンを考えるプロセスが学べる

通信講座を修了するためには実際のレッスンを想定した「レッスンプラン」の提出をする必要があります。

「レッスンプラン」は1回のレッスンの流れを記載した授業案(指導案)です。当然英語で作ります。

「げっ!」と思うかもしれませんが、"レッスンプラン作成ガイド"という教材があるので、参考にしながら作れば誰でも作れるようになっています。

実際に英語の授業を組み立ててみる経験は絶対必要だなと感じました。また、このレッスンプランにはアルクの先生からフィードバック(添削)がもらえるので、さらに学びを得ることができます。

レッスンプランについてはこちら 

>> 小学校英語指導者資格講座「レッスンプラン」の作成・結果について

アルクの「小学校英語指導者資格認定講座」の流れ

アルクでの通信講座受講の場合は、認定取得を取るまでのプロセスは下記のとおりです。

資格取得までの流れ

(1) 通信講座 受講(確認テストやレッスンプランの提出)

(2)「資格取得研修講座」or「DVD講座」を受講

(3) 必要書類をJ-shineに送付

(4) J-shineから資格証明書を受領

アルクの通信講座の受講が修了したら、続けて「資格取得研修講座」か「DVD講座」を受講する必要があります。

資格取得研修講座は、年に数回各地で行われていて、出向く必要があります。

これはアルクに限らず、イーオンなどの英会話教室で受講した場合も同様です。J-shineに申請する前には必ず受ける必要があります。(別途費用がかかります)

土日を利用してまる2日、参加しないといけませんが、参加できないという人はDVD講座で代用することが可能です。

(※DVD講座はアルク独自のものなので、他の教室や通信講座で受講した場合は「資格取得研修講座」が必須)

アルク「小学校英語指導者資格認定講座」でかかった費用

f:id:ushikospost:20190112005017j:plain

最終的にいくらかかったのか気になりますよね。

アルクで受講した私の場合は合計で14万円ほどかかりました。

費用の内訳

・通信講座 84,200円(税抜)

・資格取得研修講座(DVD講座)47,000円(税抜)

決して安くないです。払ったからにはぜひ頑張って取得しましょう...!!

ちなみに資格取得したのちにも、4年ごとに更新手数料(5,000円)がかかります。

アルク「小学校英語指導者資格認定講座」でかかった期間

私の場合は、申し込みから資格取得までおよそ1年かかりました。

アルクの「小学校英語指導者資格認定 アルク児童英語教師養成コース」の期間は標準で6か月の設定。

産前産後2~3か月はほぼ手付かずだったので、かなり時間がかかってしまいました^^;

・テキストの内容(児童心理などあります)や、英語力の確認テスト×6、

・実際の授業展開を落とし込んだレッスンプラン×2

が主なタスクです。

計画的に進められる方でしたら6か月で十分達成できると思います。

ちなみにアルクの養成コースは期間6か月設定ですが、1度だけ延長が可能です。

延長することを前提にすると最大1年の期間を持つことができます。

ただ、レッスンプランは提出から採点までに時間がかかりますし、万一レッスンプランが合格基準に達しないと再提出になりますので、そのあたりを鑑みて余裕を持って進めるに越したことはありません。

おわりに

今回は「小学校英語指導者資格」取得についてご紹介しました。

英語教育、とくに幼児教育に関心のある方は、レッスンプランの作成プロセスなど、普段の英語学習とは違った形で学べるので、楽しめると思います!

 

\ アルクの通信講座がおすすめ /

公式HP ▶ アルクの児童英語講師養成コース

 

\ レッスンプランについてはこちらにまとめました /