ウシコスポスト | 親子英語を楽しむ1歳ママのブログ

おうち英語に役立つ無料テンプレート配布・おすすめグッズの紹介♡1歳娘のおうち英語記録も兼ねてます

【英語de語りかけ】シーン別"子どもを褒める"簡単フレーズ紹介

スポンサーリンク

スポンサーリンク

こんにちは、うしこ(@ushikonbu)です。

 

子どもたちにはできるだけたくさんの褒め言葉を使ってあげたいですよね。

日本語でのやりとりではもちろん、これはおうち英語を実践されている方も同じだと思います。とはいえ、英語で褒めるとき、どんなフレーズを使うといいのでしょうか?

 

さらっと「できたね!」と言いたい場合

「偉いね~」と言いたい場合

 

などなど、シチュエーションによっても褒め方はさまざま

その時々にあったフレーズで褒めてあげたいですよね。

そこで今回は、育児中に使える子どもをたくさん褒めてあげるフレーズを紹介します♪

ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

英語で語りかけ!たくさん褒めよう

早速褒めるフレーズを紹介します♪

すぐに使えそうなもの、頻度が高そうなものだけでもいいのでぜひ覚えて使ってみてくださいね!

 

まず押さえたい!万能褒めフレーズ

まずはシンプルに気持ちを表す褒め言葉を紹介します。何かをしてくれたとき、できたときの第一声にぴったりのフレーズです。

 

英語で「よくできたね!」と伝えよう

・Good Work!

・Very Good!

・Nice Work!

・I'm so proud of you!

 

be proud of ~は直訳すると「~を誇りに思う」

日本語だと、日常的な誉め言葉ではあまり使いませんが、英語の場合はよく使われます。

なんとなく大げさな感じがしてしまいますが、そんなことはありません♪

たとえば

Did you eat all up?I'm so proud of you!

全部食べたの?えらいわ!

というようなニュアンスで使えます♪

ぜひバリュエーションの一つに加えてくださいね!

 

英語で「いい子だね!」と伝えよう

 

英語で「いい子ね!」と言いたいときには

女の子には "Good girl!"

男の子には "Good boy!"

を使います。

「なんていい子なの!」と言いたいときには

What a good girl/boy!

というとそのニュアンスが伝わりますよ♪

 

【シーン別】褒める時の英語フレーズ紹介

上記で紹介した万能フレーズとあわせて、

・具体的にできたこと

・すごいと感じたこと

などを伝えてあげることが大切。ぜひ一緒に使ってみてくださいね。

「ひとりでできた」を褒める英語フレーズ

You did it all by yourself! ひとりでできたんだ!

 by yourself=ひとりで

"all"があるので「全部」一人でできたんだ?!というニュアンスになります。このallはとってもらっても大丈夫です。

はじめてひとりで何かできたときに使ってみてください♪

How did you do it by yourself?どうやって一人でやったの?

できたことに対してすごいね!といったあとに「どうやってやったの?」と聞く場合はこちら。

"it"の部分に具体的な事柄を入れてもOKです。

 

例文

・How did you close the door by yourself?

 どうやって一人でドアを閉めたの?

・How did you put on your pajamas by yourself?

 どうやって一人でパジャマを着たの?

 

「お手伝いができた」を褒める英語フレーズ

意外と親の動きをよくみている子ども。

2歳頃になると日常の家事を手伝ってくれたり、配膳を一緒にやりたがったりする子もいますよね。

そんな「お手伝いができた」子に対する語り掛けフレーズを紹介します。

Are you going to help me? 手伝ってくれるの?

 

子どもに「手伝ってくれるの?」といいたいときに使えるフレーズです。

help=手伝う

ですが、Are you going to assist me?

"assist"を使うことも可能です。

Thanks for helping me today. 手伝ってくれてありがとう

Thanks は Thank you のカジュアルな表現。

信頼関係のある親子関係を前提にここでは"Thanks"としていますがより丁寧にありがとうと伝えたい場合には"Thank you"でももちろんOK。

"Thank you/Thanks for~"で~してくれてありがとう

となります。forの次に来る動詞は原型ではなく"~ing"形になります。

例文

Thank you for letting me know the updated schedule.

最新のスケジュールを教えてくれてありがとう

Thank you for inviting me to your party.

パーティに招いてくれてありがとう

 

It was a big help.助かったよ

何かしてもらって「助かった!」を伝えたいときに役立つフレーズです。

 

ここでの"help"は動詞(手伝う)ではなく名詞(手伝い)

直訳すると「(してもらったことが)大きな助けになったよ」となります。

 

「お片付けができた」を褒める英語フレーズ

遊んだおもちゃをお片付け!

なかなか片づけられずに困っている方も多いかも…。

片付けのシーン英語で語り掛けができるフレーズを紹介します。

 

Let's clean up!お片付けしよう

"clean up"=(お部屋などの空間)を片付けるという意味になります。

おもちゃをたくさん出してしまった状態で"Let's clean up!"というと「さーお片付けするよ!」と場の空気が切り替わる感じです。

このフレーズ、有名な歌があるので、歌と一緒に覚えるのもおすすめですよ♪

うちの子も歌いながら片づけてます。(笑)

▼英語のお片付けソング "Clean up Song"

www.youtube.com

Can you put it away?しまってくれる?

"clean up"全体を片付ける、というニュアンスですが

"put 〇〇 away"は、〇〇をもとにあった場所にしまう、という意味合いになります。

たとえば

put the book away. →この本をしまって

put these toys away. →これらのおもちゃをしまって

という感じです。

 

特定のものを指して「これ」「これら」をしまって!と言いたいときには"clean up"ではなく"put 〇〇 away"を使いましょう!

いろんな場面で使えるので便利ですよ。

You cleaned up all the toys! おもちゃ全部片づけたんだね!

片づけられたんだね!と状況を伝えてあげたいときにはこのフレーズ。

You clean up all the toys!Good job!

片づけられたんだね、えらい!

などと言って褒めてあげてください♪

You are very good at cleaning up!お片付け上手だね!

片付けが苦手なお子さんには「お片付け上手」の称号を無理やり授けるのもおすすめ。

be good at ~ =~が上手/得意

例文

・You are good at swimming.

 水泳が上手だね

・You are very good at drawing.

 お絵かきがとっても上手だね

 

「たくさん食べられた」を褒める英語フレーズ

食事のシーンも、

・自分で食べられた

・たくさん食べられた

など褒める場面になりやすいですね。

ぜひ積極的に取り入れてみてください♪

 

▼食事全般のフレーズはこちらでも紹介しています。


You eat so well.よく食べれたね!

"eat so well"は、「良く食べる」という意味。

たくさん食べる時や、好き嫌いがなく良く食べてくれる時に使います。

You ate so much, what a good boy/girl! たくさん食べてえらいね!

をたくさん食べたね!と言いたいときには

"eat so much(たくさん食べる)"を使います。

"ate"は食べるという意味の"eat"の過去形です。

 

合わせて覚えたい「励ます」フレーズ

Good try!よく頑張ったね

結果は100点じゃなくても、「頑張った」という姿勢を褒めるフレーズです。

Good work!=結果に対して「できたね!」  という意味になるのに対して

Good try!=良い頑張りだったね  というねぎらいのフレーズになります。

Almost made it!おしかったね

"make it"「うまくやる」という意味で使われます。

"You can make it"=できるよ!

 

もっと簡単に"Almost!"というと"惜しい!"という意味合いになります。

That's too bad.残念だったね。

残念な報告があったときや、その結果を目の当たりにしたときには「共感」することも必要。

残念だったね、という気持ちを汲んでその気持ちに寄り添う時のフレーズです。

 

You have a next time.次があるよ!

また次頑張ろう!と励ましたいときに使えるフレーズです。

You have a next time. Don't take it too seriously.

次があるからそんなに落ち込まないで

というような感じで使えます。

 

おすすめ本「子どもを英語でほめて育てよう」

「英語での褒め言葉をもっと沢山知りたい!」

という方におすすめの本を1冊紹介します。こちらは米国出身のネイティブママが執筆している英語子育て本。

 

褒め言葉のバリュエーションを豊富にしてくれる例文が満載!

前向きで愛情に満ちた表現ばかりなので、興味のある方はぜひ見てみてくださいね♪

  

英語褒め言葉を活用しておうち英語を楽しもう♪

今回はお子さんへの語りかけで使える「褒めフレーズ」を紹介しました。

まずは簡単なものから、ぜひ取り入れてみてください♪

これからも英語で子育てを楽しみましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました☆

 

▼ 英語で語り掛けシリーズ、他にもあるので是非ご覧くださいね^^

www.ushiko.net