ウシコスポスト

おうち英語と子育てともろもろ。楽しく英語育児を進めるための「語り掛けフレーズ」や「無料学習用アイテム」配布中!

初めてのお絵かきいつから?1歳からのお絵かき準備とおすすめグッズ♪

* スポンサーリンク

まずはこちらをご覧ください

 f:id:ushikospost:20181119143623j:plain

我が家の1歳3か月になる娘の作品です。

見ての通り、まだまだ絵にはなっていませんがクレヨンを握ってお絵かきをするのがとても好きです。

 

お絵かきといえば子どもたちの遊びの定番のひとつですが、

まだ口にものを入れてしまうお子さんの場合は「いつからお絵かきさせられるの…?」と迷ってしまうかもしれません。

今回は

▶ 小さな子どもがはじめてのお絵かきをする時期や楽しみ方

▶ 赤ちゃんでも使えるおすすめのお絵かきアイテム

などを紹介します♪

お絵かきはいつからできるようになるの?

結論から言うとお子さんが興味を持った時に初めてあげればOKです。当然ですが興味関心、体の発育も個人差があるので明確にいつからやろう!とは言いづらいんですよね。

身体の発達でいうと、

・ものをしっかり握ることができる

・自分でお座りをすることができる

・紙やペンなどをおしゃぶりのようになめ回さない

という3つの条件がそろっていることが望ましいです。

 

我が家の場合は、1歳を過ぎたころから、私が持っているペンや鉛筆に興味を持ち始めました。

鉛筆はまだ難しいですが、サインペンのような色のはっきり出るものだと、紙の上にペンを滑らせて色が出るのが楽しいようです♫

 

子どもとはじめてのお絵かきをしてみよう!

初めてのお絵かきは1歳2か月の頃、まだ殴り書きをする程度で、紙からクレヨンがはみだしてしまうことも多々…(笑)

ですが画材を握る感触やさまざまな色が出る感覚を楽しんでいるようです♪

おうちでお絵かきする場合、はじめのうちは入念に準備しておきましょう!

準備しておきたいこと

テーブルや床を保護!

ウエットティッシュはすぐ取れるところに!

 

まず大前提。

子どもにとっては見えるものすべてがキャンパスです

そのため机の上にはみ出して描いてしまっても大丈夫なよう、布や大き目のテーブルクロスを敷いて保護することをおすすめします。上でお絵かきをするとずれてくるので、セロテープなどでしっかりと固定してくださいね。

 

また、描きながら手を汚すのは当然。すぐにふいてあげられるようにウエットティッシュを用意する、もしくはタオルを用意しておいて都度洗う、という形で対応していきましょう。

 

描かせる紙はなんでも良いと思いますが、うちは100均(セリア)で子ども用のスケッチブック(自由帳?)を買いました。

f:id:ushikospost:20181119144222j:plain

自分の好きなところに描くので順番はぐちゃぐちゃですが(笑)

子どもの絵の変化がみられるとおもしろいなと思っています♪

はじめてのお絵かきに使える画材。安全性は大丈夫?

うちの娘は1歳になった時点でも、まだ身の回りのおもちゃを口に入れてしまう状態…とても普通のクレヨンやサインペンで楽しくお絵かきさせてあげられる状態ではありませんでした。

 

そんな小さい子向けに、通常のクレヨン等の画材以外にさまざまなタイプのものが販売されています。

素材や描き心地、安全性などさまざまなので、現在のお子さんの様子にあったものを選んでみてください。ここでは私たちが試したおすすめを紹介します!

\ 水でおちるクレヨン /

まずはこちら。水で落ちるクレヨン。その名のとおり、クレヨンでべたべたになっても水で軽く流すもしくはおしりふきでふいてあげるだけで綺麗になります。

描き心地は一般的に使われるクレヨンと大差ありません。発色もよく、スルスル描くことができるので子どもたちはストレスなく使うことができます♪

ただし、やはり強く握れば描いている途中にも手は汚れますし爪の中に入ってしまいやすいです。しっかり自分で洗える子は良いですが、まだ汚れた手をそのまま口に持って行ってしまう場合は少し注意が必要かもしれません。

 

\ おやさいクレヨン /

こちらは野菜で作られたクレヨン。素材が植物由来なため、万が一口にいれてしまっても安心。小さなお子さんでも使うことができます。

描いてみると、素材が野菜なこともあり色味は淡めです。普段クレヨンに使い慣れていると、物足りなく感じてしまうかも…。

ぬりえもセットで売られていることが多いのでプレゼントにもとってもおすすめです。

 

\ ベイビーコロール/

少し変わった形をしたコロール。我が家では現在(娘1歳4ヶ月)こちらを愛用しています。

クレヨンとクーピーの間、といった優しい色づきですが、小さな子どもの筆圧でもしっかり色は出て、楽しくお絵かきできます。

コロールの良いところは

・手が汚れにくい

・積み木のように詰めてコンパクトに収納が可能

の2点。

強く握ってもクレヨンのように手にべたべたついたり、爪に入ってしまうことがないので、小さな子どもでも安心して使えます。

また、コロールはその形状から積み木のように積んで保管できます。

お絵かきが終わったあとはいつも指にはめてみたり、カチカチと積んでみたり、と子どもの発想で楽しんでいます。

f:id:ushikospost:20181119145126j:plain

いろいろ試して我が家はこちらに落ち着きました。

初めてのお絵かきには本当におすすめ♪アカチャンホンポや赤ちゃんデパートなどの店頭にも置いてあることが多いので、ぜひ気になる方は実物を手にとってみてくださいね☆

事前準備して楽しくお絵かきデビューしてみよう!

今回は赤ちゃんのお絵かきについて紹介しました♪雨の日の遊びにももってこいですよね。お子さんが興味がありそうであればぜひ試してみてくださいね。