ウシコスポスト*おうち英語を楽しもう!

楽しく英語育児を進めるための「無料学習用アイテム」の配布やDWEの経過報告をしています。

【英語育児】1歳半のおうち英語経過記録とおすすめ教材

スポンサーリンク

スポンサーリンク

娘が1歳6ヶ月になりました!

f:id:ushikospost:20180718232818p:plain

 

少しずつ英語に対する反応が見られるようになったので、これからこのブログで定期的に英語育児記録を付けていきたいと思います。

英語育児に取り組まれている方の参考になれば幸いです。そしてこれからも一緒に頑張りましょう♪

 

うしこ家の英語育児の取り組み状況

 

私と娘2人の時間はなるべく英語で語り掛けをするようにしています。

友達との外出や支援センター・児童館で過ごす時間は日本語の本や手遊びを楽しんでいます。

また、夜夫が帰宅してから3人で過ごす時間は、英語の絵本を読んだりはしますが日本語での会話がほとんどです。

インターナショナルスクールに入れたりすることも考えていないので、あくまで継続可能な形で楽しくやっていきたいと思っています♪

語りかけ以外でやってきたことは大きく3つです。

子ども向けの英語の歌を聴く

室内で過ごす時間や車の中など、時間英語の歌を聴く習慣があります。

特におすすめなのはWeesingシリーズ。

 

ネイティブの子どもたちの歌声で収録されているので、嫌がることなく楽しく聴いています。

出先やお友達のおうちで同じ曲が流れると安心するのか笑顔になります。

 

 

また、幼児向け英語教材のサンプルCDも役に立ちました。

無料ですが、ボリュームがあり十分楽しめる内容のものばかり!

まだサンプル請求していないという方はぜひゲットしてみてくださいね♪

www.ushiko.net

 

 

子ども向けの英語の絵本を読む(触る)

生後3ヶ月頃から少しずつ絵本も取り入れるようにしました。

基本的には私が読み聞かせをしたり、絵本を自分で触ったりする程度でしたが「絵本に慣れる」という意味合いで毎日触れるようにしていました。

▽おすすめ英語絵本を紹介しています♪

【0歳 1歳 2歳向け】子どもと楽しむおすすめ英語絵本

ディズニー英語システム(DWE)を開始

\ ディズニー英語の無料サンプル/
ディズニー英語を体験できるCD・DVD

公式HPから請求▶ 「ディズニーの英語システム」

 

生後8ヶ月でDWEの教材を購入しました。

まだまだ本格的な活用に至ってはいないものの、ベビーむけの"Play Along"を中心におもちゃとともに遊んでいます。

 

見たり聞くだけではなくて、連動しているおもちゃなどで遊びながら学べるので、やっぱり効果テキメンでした。

▽ディズニーの英語システムを開始した経緯はこちら

0歳8ヶ月で開始!英語好きママがDWE(ディズニー英語システム)を選んだ理由

 

理解している言葉と役にたったもの

生活に身近な単語はだんだん理解するようになってきました。

指差しや真似っこが得意になってきた1歳0ヶ月頃から急に反応するようになってきたので記録をしておきます。

役にたったアイテムも併せて紹介します。もしよかったら参考にしてみてください♪

 

身体の部位

f:id:ushikospost:20181225225816j:plain

身体の部位を表す歌や絵本に触れることが多かったので、わかるようになってきました。

理解していることば

"Touch your ***"(〇〇を触って!)

head(頭) / hair(髪の毛) / cheek(ほほ) / nose(鼻)

mouth(口) / chin(あご) / belly button (おへそ)

hand(手) / foot(足) / finger(指) / toe(つまさき)

まだ"my nose" "mommy's nose"など、「誰の」という概念はわかっていないみたいです。

身体の部位(Body Parts)が学べる英語絵本

身体の部位が学べる絵本はたくさんありますが、特に下の2冊をよく読んでいました。

どちらも有名な絵本ですが、色彩豊かでかわいらしいイラストで子どもも気に入ったようです♪

有名な絵本のいいところは、Youtubeなどで読み聞かせの音声が聞けること。英語が苦手なパパママでも安心ですよ♪

理解している色

red(赤) / yellow(黄色) / blue(青) / green(緑)

purple(紫), pink(ピンク), black(黒)などはいまいちよくわかっていない様子。

 "Pass me that yellow ball."(黄色のボール取って)

などというと間違えずに持ってくることができます。

色は「遊び」の中で自然に覚えた

娘は風船が大好き。100円ショップで購入した風船でよく遊んでいます。

そのときに

"Which color do you like?"(どの色がいい?)

"What color is this balloon?"(この風船は何色?)

などとしゃべりかけながら遊んでいました。

風船に限らず家の中にあるものなんでもOK。

ソファーやぬいぐるみ、おもちゃなどを指さしながら色の名前を確認していくと、自然と身につくんだなと実感しています。

動作

歩けるようになってからは身体を動かすことが大好き。英語歌などを通じて「動作」の表現にも反応できるようになりました。

理解して反応できる表現

・Stand up.(立って)

・Sit down(座って)

・Jump(ジャンプ)

・Turn around(まわって)

・Put it away.(しまって)

・Clean up.(お片付け)

DWE(ディズニー英語)の "Play Along"の真似っこ遊びが効果あり

動作に関しては、DWE(ディズニー英語システム)の教材"Play along"が効果があったと思っています。

他の子どもたちが同じ動作をする様子を見ながら、真似っこできる歌がたくさんあります。

今では歌がかからなくても、私や夫の言葉を理解して同じ動作をすることができるようになりました。

"Clean up!"="お片付け"は英語歌で学んだ

Super Simple Songのおなじみソングに"Clean up song"というものがあります。

リズミカルな歌で、片付けをするときにはこの歌を口ずさんでいました。

この歌を聴けばお片付け、と自然と身に着いたようです。

公式サイトで動画付き音声が聴けます♪ >> Clean Up! | Super Simple Songs

動物の名前

f:id:ushikospost:20181213235239p:plain

動物がたくさんでてくる絵本を読んだり、部屋に貼ってあるガーランドを指さししながら身に着けたようです。

 

わかる動物

cow(うし) /  giraffe(きりん) /  framingo(フラミンゴ) / cat(猫)

dog(犬) / bird(鳥) / zebra(しまうま) / monkey(猿) / lion(ライオン)など。 

動物の名前はガーランドの指さしで!

動物の名前の記憶に一番役だったのは動物があしらわれたガーランド。パーティ用ですが年中貼っています(笑)

部屋に貼っても邪魔にならないかわいらしいデザインで子どもも喜びます。

指差ししながら動物の名前を覚えられるのでおすすめです♪

>> 【送料無料】選べるデザイン★多用途 アニマルーガーランド

英語で動物が学べる絵本

動物モチーフの絵本もたくさんの種類がありますが、中でも娘が大好きなのが"Brown bear brown bear what do you see?"

はらぺこあおむしでおなじみのEric氏の大人気絵本です。動物の名前と色の名前が一緒に学べます

動物が沢山出てくる安心の無料動画やかわいい絵本は下記の記事で紹介しています♪

>> 「動物」英語でなんていう?動物の名前や鳴き声を楽しく学べる無料動画と絵本はコレ!

はじめに発した単語は"Shoe(靴)"

ちなみに、1歳すぎた娘が始めた発した言葉は"Shoe"。

はとにかく外遊びが大好き。起きた瞬間玄関に歩いていき"Shoe! Shoe!"と発するようになりました。

ちなみに言葉が出てくるのは遅いのか、パパもママもまだ言いません。やはり、好きなものは強いですね…(笑)

靴をはくときには必ず

"Let's put on your shoes.(靴はこうね)"と声掛けをしていました。

やはり子どもは聞いていないようで聞いています

1歳5ヶ月頃からアルファベットも読めるようになった

 

これは予想外だったのですが、1歳5ヶ月頃からアルファベット(大文字のみ)が読めるようになりました。

「Where is "A"?(Aはどこ?)」というと、すべてのアルファベット間違えずに指差しすることができます。

"V" "W" "X" "Y"以外は、Aなら「エー」、Mなら「エンム」というように読むこともできます。

正直、アルファベットはまだまだ先でいいと思っていました。

そんな中早くからアルファベットを覚えるきっかけになったのがアルファベットのパズルでした。

1歳すぎてからパズルが大好きになり、試しにアルファベットパズルを渡してみたところ、どはまりしたのです。

>>  楽天で木製アルファベットパズル【ABCパズル】をみてみる

かわいらしいので、1歳すぎた子へのプレゼントにも良いかもしれません。

おわりに

1歳6ヶ月の娘の英語育児記録として書かせていただきました。

あまり肩ひじ張らずにやってきた英語育児、少しずつ娘が反応を見せてくれるようになってきました。

今後も備忘を兼ねて書いていくのでよかったら参考にしてみてくださいね。